【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】仏生まれクレープ 茶菓子にアレンジ 21美で8、9日 市民茶会に登場

【石川】仏生まれクレープ 茶菓子にアレンジ 21美で8、9日 市民茶会に登場

ジャンル・エリア : 石川  2010年04月21日

フランスが発祥とされるクレープ生地を使った特製菓子(同市提供)

フランスが発祥とされるクレープ生地を使った特製菓子(同市提供)

来月の日仏自治体交流会議

 金沢市内で5月に開催される第2回日仏自治体交流会議関連事業として、5月8、9の両日に金沢21世紀美術館敷地内にある茶室「松涛庵(しょうとうあん)」で開かれる市民茶会に、フランスが発祥とされるクレープ生地を使った特製菓子が登場する。(山本義久) 

 
 茶会を主催する金沢市によると、特製の茶菓子はクレープの生地で具材を包み、色は新緑の季節をイメージした緑色で「ムーラン・ヴェール(緑の風車)」と名付けられた。

 茶会の席主の大島宗翠(そうすい)・裏千家正教授と、和菓子舗「吉はし菓子所」(金沢市東山)が共同で考案した。

 市は「フランスの菓子を生かした茶菓子と抹茶を、大勢の人に味わってほしい」と呼び掛けている。

 茶会は2日間とも午前9時~午後3時半。一席券は前売り800円、当日は1000円。

 問い合わせは、市観光交流課=電076(220)2194=へ。

旅コラム
国内
海外