【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】珍しい黄色いオニオコゼ 越前松島水族館で企画展

【福井】珍しい黄色いオニオコゼ 越前松島水族館で企画展

ジャンル・エリア : 福井  2010年04月27日

自然界では珍しい黄色いオニオコゼ(左)。右は一般のオニオコゼ=坂井市三国町の越前松島水族館で

自然界では珍しい黄色いオニオコゼ(左)。右は一般のオニオコゼ=坂井市三国町の越前松島水族館で

 坂井市三国町の越前松島水族館で5月5日まで、ゴールデンウイークにちなんだ企画展「ゴールデンフィッシュ展」が開かれ、「ゴールド」にちなんだ魚や両生類約20種、計150匹が出迎える。

 
 体が黄金色やそれに近い色の個体をはじめ、名前に「金」「ゴールデン」などがつく種類、本来の色が抜けた「アルビノ」などが集められた。

 中でも珍しいのは黄色いオニオコゼで、展示に合わせて山口県の水族館から譲り受けた。オニオコゼは一般には赤茶色や黒っぽい色で、岩陰などに隠れて生息している。展示されているのは体長約20センチで、体全体が黄色。展示担当の河内航平さんは「自然界では目立ち、餌が取りにくい上に敵からも狙われやすく、成長するのはまれ」と説明する。ここまで成長したこと自体が貴重な存在だ。

 ほかに「ゴールデンダイヤモンドエンゼル」「ゴールデンセルフィンモーリー」「コガネマアジ」「ヘラルドコガネヤッコ」など、きらびやかな名前の魚が紹介されている。

 同水族館は5月1~5日は午後9時まで営業する。期間中は午後7時半からナイトイルカショーも行われる。

 (本田優子)

旅コラム
国内
海外