【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】水の精 一面を白く 小松・大山 ミズバショウ満開

【石川】水の精 一面を白く 小松・大山 ミズバショウ満開

ジャンル・エリア : 石川  2010年05月07日

登山愛好家らを楽しませている20万株を超える横谷ミズバショウ=小松市丸山町で

登山愛好家らを楽しませている20万株を超える横谷ミズバショウ=小松市丸山町で

 小松市丸山町の大山(956メートル)周辺の県内随一の「横谷ミズバショウ群生地」のミズバショウが満開となり、清楚(せいそ)な姿が県内外の登山愛好家らを楽しませている。

 
 横谷ミズバショウは20万株を超える群生地。ことしは3月下旬~4月中旬の低温の影響で残雪があり、例年より1週間ほど遅れて満開となった。

 やや小ぶりで、登山愛好家らからは「ミニバショウ」という愛称をもつほど親しまれている。

 整備された木道や木橋から望む見渡す限りのミズバショウの姿は圧巻。白い苞(ほう)に身を包む“水の精”が、訪れた人たちの心をなごませている。5月中旬ごろまでが見ごろ。

 コマツ粟津工場山岳部の園部荘一郎さん(63)=小松市日の出町=は「自生のミズバショウの姿に心も洗われる。待ってましたという感じ」と話している。

 (木原育子)

旅コラム
国内
海外