【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】新枝先に純白の花 浜松でヒトツバタゴが見ごろに

【静岡】新枝先に純白の花 浜松でヒトツバタゴが見ごろに

ジャンル・エリア : 静岡  2010年05月07日

枝先に雪が降り積もったように咲くヒトツバタゴ=6日午後、浜松市南区の市緑化推進センターで(川戸賢一撮影)

枝先に雪が降り積もったように咲くヒトツバタゴ=6日午後、浜松市南区の市緑化推進センターで(川戸賢一撮影)

 雪が降り積もったように咲き、「ナンジャモンジャ」とも呼ばれるヒトツバタゴの花が、浜松市南区の市緑化推進センターで見ごろを迎えた。

 
 高さ20メートルになる落葉高木。4枚の白い花びらがプロペラ状に広がり、新枝の先に密集して咲き誇る。

 江戸時代に水戸黄門(徳川光圀)が「この木はなんじゃ」と尋ね、聞き取れなかった人が「なんじゃもんじゃ」と問い返したのが別名の由来とも。同センターは「来週いっぱいが見ごろでは」と話していた。

旅コラム
国内
海外