【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】幕末の桑名藩主ら紹介 市博物館で「龍馬の駆けた時代」展

【三重】幕末の桑名藩主ら紹介 市博物館で「龍馬の駆けた時代」展

ジャンル・エリア : 三重  2010年05月12日

収蔵品を見る来館者=桑名市博物館で

収蔵品を見る来館者=桑名市博物館で

 幕末の桑名藩の活躍などを紹介する企画展「幕末×(かける)桑名-龍馬の駆けた時代」が、桑名市京町の市博物館で開かれている。入場無料。30日まで(月曜休館)。

 
 幕末の桑名藩主で京都所司代を務めた松平定敬(さだあき)と兄の会津藩主松平容保(かたもり)の動向や、戊辰(ぼしん)戦争で旧幕府側として転戦した桑名藩士の行動、当時の文化などを所蔵品104点で紹介している。

 定敬時代に京都所司代が使った書類箱、勝海舟や山岡鉄舟らの書、「電気治療機」(エレキテル)などを展示。定敬がしたためた短冊や幕末の桑名を描いた浮世絵、刀剣などもある。

 22日午後2時から、学芸員による展示説明を開催する。「激動の時代を駆け抜けた先人の足跡を追い、幕末という時代への理解を深めてもらえればうれしい」という。

 問い合わせは、桑名市博物館=電0594(21)3171=へ。

 (生田貴士)

旅コラム
国内
海外