【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】昭和の薫り 懐かし民具 砺波で500点展示

【富山】昭和の薫り 懐かし民具 砺波で500点展示

ジャンル・エリア : 富山  2010年05月17日

展示されたオープンリールテープレコーダーや蓄音機=砺波市太郎丸で

展示されたオープンリールテープレコーダーや蓄音機=砺波市太郎丸で

 昭和時代前半の“ちょっと昔の生活用品”が、砺波市のとなみ散居村ミュージアム民具館で展示されている。

  
 展示品を一部入れ替える際、「来館者が身近に感じてもらえるものを」と、昭和初期から30年代にかけて使われていた民具を選んだ。

 学校で授業の始まりと終わりに鳴らされた鐘、家族の食卓用の丸いちゃぶ台、オープンリールテープレコーダー、蓄音機など約500点が並び、訪れた人たちが懐かしそうに見入っている。

 寄贈された収蔵品には用途が分からない民具もあるため、来館者の知恵を募る「教えてください」コーナーも設けられた。 (宮本隆康)

旅コラム
国内
海外