【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】鬼や霊の世界を能面で紹介 彦根城博物館

【滋賀】鬼や霊の世界を能面で紹介 彦根城博物館

ジャンル・エリア : 近畿  2010年05月18日

室町時代に作られたとされる能面「獅子口」

室町時代に作られたとされる能面「獅子口」

 彦根市の彦根城博物館は21日から鬼などの能面を紹介するテーマ展「鬼神と霊-能にみる異界」を開催する。6月15日まで。

 
 能面や能装束など25点を展示。いずれも井伊家15代当主、直忠(1881~1947年)が収集したという。

 能面「獅子口」は、大きく開けた口と鋭いまなざしが特徴。室町時代に活躍したといわれる面打ち「赤鶴(しゃくづる)」の作品とされる。能面「泥眼(でいがん)」は、豊臣秀吉から「天下一」を名乗ることを許された面打ち「是閑(ぜかん)吉満」の桃山時代の作品。女性の霊を表しており、生気が感じられない瞳と、わずかに開く口からのぞく歯、やや乱れた毛が怪しさを醸し出している。降矢淳子学芸員は「これから暑くなる季節。異界に触れて涼しくなってもらえれば」と話している。降矢学芸員によるギャラリートークは22日午後2時から。会期中無休。観覧料は一般500円、小中学生250円。  (伊藤弘喜)

旅コラム
国内
海外