【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】尾鷲に「和風カフェ」オープン 築86年の古民家活用

【三重】尾鷲に「和風カフェ」オープン 築86年の古民家活用

ジャンル・エリア : 三重  2010年05月28日

日本庭園を見ながらコーヒーなどを楽しめる和風カフェ=尾鷲市天満浦の天満荘で

日本庭園を見ながらコーヒーなどを楽しめる和風カフェ=尾鷲市天満浦の天満荘で

 地元の食材を使ったまちおこしを進めている尾鷲市のNPO法人「天満浦百人会」が27日、活動拠点になっている同市天満浦の古民家「天満荘」に、和風カフェをオープンさせた。

 
 天満荘は1924年に建てられた木造平屋で、和室6部屋と洋室1部屋を備える。中部電力の元保養施設だったが長年空き家になっていたのを、同会が昨年3月から管理している。山すその高台にあり、尾鷲湾を一望できる立地。敷地内にはサクラやアジサイ、モミジなどが植えられた日本庭園があり、四季折々の花が楽しめる。

 メニューには、地元で採れた甘夏ミカンを搾ったジュースや、マーマレードを生地に練り込んだパウンドケーキなど手作りの味が並ぶ。自慢のコーヒーは地元のわき水を使い丁寧にドリップし、市内の陶芸愛好家が作ったコーヒーカップで味わう。

 この日第1号の客となった同市天満浦の小川武男さん(73)、清子さん(71)夫妻は「甘夏ジュースは甘すぎず酸味が効いていておいしかった。尾鷲湾の眺めも最高」と満足していた。同会理事長の北村恵史さん(71)は「時間がゆっくり流れる癒やしの館にしたい」と話した。

 営業時間は金~月曜日の午前10~午後4時。問い合わせは天満荘=電0597(22)7880=へ。

 (福田大展)

旅コラム
国内
海外