【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】広重の鮮やか錦絵55点 静岡市清水区で展示会

【静岡】広重の鮮やか錦絵55点 静岡市清水区で展示会

ジャンル・エリア : 静岡  2009年10月06日

色鮮やかな浮世絵が訪れた人を楽しませている=静岡市清水区で

色鮮やかな浮世絵が訪れた人を楽しませている=静岡市清水区で

 江戸時代の浮世絵師・歌川広重の代表作「保永堂版『東海道五十三次』」の大版錦絵55枚を集めた展示会が、静岡市清水区の東海道広重美術館で開かれている。25日まで。

 
 版元「保永堂」が印刷した「東海道-」は、広重の作品の中で最も有名とされている。作品の保存状態の関係などから、毎年1回、1カ月ほど展示している。

 紅色の空にそびえる富士山と山を見上げる人たちを描いた「原 朝之富士」や、雪の積もった家々を背景に先を急ぐ旅人を、水墨画風に表した「蒲原 夜之雪」など、色鮮やかな多色刷りの作品が、訪れた人を楽しませている。

 13、19日は休館。一般500円、大高生300円。中学生以下、市内在住の70歳以上は無料。 (蜘手美鶴)

旅コラム
国内
海外