【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】6日本番へけいこに熱 若狭高演劇部、小浜で自主公演

【福井】6日本番へけいこに熱 若狭高演劇部、小浜で自主公演

ジャンル・エリア : 福井  2010年06月01日

本番に向けてせりふを確認する演劇部の部員たち=小浜市の若狭高校で

本番に向けてせりふを確認する演劇部の部員たち=小浜市の若狭高校で

 小浜市の若狭高校演劇部が、坂井市三国町出身のシンガー・ソングライター、ヒナタカコさんの協力を得た自主公演「ゆく時に~ヒナタカコさんの音楽にのせて」を企画。6日の本番に向けてけいこを続けている。

 
 演劇部顧問の芝田和佳教諭(28)が、1月に福井市内のショッピングセンターで開かれたヒナさんのピアノの弾き語りを見て感動。ライブ終了後に、当時制作中だった劇の音響に使いたいと直接申し込み、了解を得たという。

 劇は最期の時を迎えようとしている高齢の女性と、ベッドの周りでみとる息子、娘、孫が、これまでの人生を回想していく物語。劇中でヒナさんの「去れば去れ」など4曲を流す。9人の部員がステージに立つ予定で、部長の中積康子さんや副部長の田中ひかりさん(ともに3年)は「一致団結して、やってきたことをすべて出し切りたい」と話し、けいこに集中している。

 脚本を手掛けて指導する芝田教諭は「ヒナさんの圧倒的な歌唱力と叙情的な詩は劇にぴったり」と満足そうで、来場を呼び掛けている。

 公演は小浜市大手町の市文化会館で午後2時半から。無料。

 (池上浩幸)

旅コラム
国内
海外