【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】芸術作品で富山を元気に 県展開幕、日本画など700点並ぶ

【富山】芸術作品で富山を元気に 県展開幕、日本画など700点並ぶ

ジャンル・エリア : 富山  2010年06月07日

開会式後、入選した作品の解説を聞く人たち=県民会館で

開会式後、入選した作品の解説を聞く人たち=県民会館で

 第65回県展が5日、富山市の県民会館で始まり、絵画や彫刻など6部門の700点が展示されている。11日まで。日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真の各部門に1276点が出品され、うち入選作品を展示。

 
 開会式で植出(うえで)耕一副知事が「厳しい経済情勢だが、地域を元気にするには芸術文化を通じて心を元気にしてもらいたい」とあいさつ。テープカットなどで開幕を祝った。

 式後の作品解説で審査員が、日本画部門で県展大賞に選ばれた南砺市の井村健太郎さん(39)の「木漏れ日」を「デッサンに走らず、木々を自分のものにして表現している」と評価した。

 県展会員と前年度の大賞の作品は県立近代美術館(富山市)と県水墨美術館(同)で展示されている。 (永井響太)

旅コラム
国内
海外