【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】東近江で国内最古級の土偶公開

【滋賀】東近江で国内最古級の土偶公開

ジャンル・エリア : 近畿  2010年06月10日

1万3千年前の土偶に見入る来館者=東近江市の永源寺図書館で

1万3千年前の土偶に見入る来館者=東近江市の永源寺図書館で

 縄文時代草創期(約1万3000年前)の竪穴建物跡から国内最古級の土偶(高さ3.1センチ)が見つかった東近江市永源寺相谷町の相谷熊原(あいだにくまはら)遺跡の近くにある永源寺図書館で9日から、土偶の公開が始まった。20日まで。月、火曜日休館。

 
 図書館には東京から来た人をはじめ午前中だけで20人ほどが訪れた。女性の体をリアルに表現した土偶を見た同市永源寺高野町の主婦上田ひろみさんは「1万3千年前に住んでいた人がちゃんとつくっていたことにびっくりした。本当に良くできている」と感心していた。

 23日から7月4日は市内の能登川博物館、7月7日から16日は県立安土城考古博物館(近江八幡市)、同月17日から8月31日は県埋蔵文化財センター(大津市)、9月3日から12日は近江商人博物館(東近江市)で公開する。

 (前嶋英則)

旅コラム
国内
海外