【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】鳥のくちばし 似てる? イカやタコ 口の標本展

【富山】鳥のくちばし 似てる? イカやタコ 口の標本展

ジャンル・エリア : 富山  2010年06月14日

イカやタコの「カラストンビ」を紹介する標本展示=魚津水族館で

イカやタコの「カラストンビ」を紹介する標本展示=魚津水族館で

魚津水族館

 魚津水族館はイカやタコの「カラストンビ」と呼ばれる口の部分の標本を展示している。来年5月31日まで。

 
 展示しているのはアオリイカやスルメイカ、ホタルイカなどイカ6種、ミズダコやマダコなどタコ3種。

 口の部分の上あごが「カラス」のクチバシに、下あごが「トンビ」のクチバシにそれぞれ似ているため合わせて「カラストンビ」と呼ばれる由来も解説している。

 魚の歯のコーナーでは、コブダイ(かみつぶす歯)やコバンザメ(ヤスリみたいな歯)など、魚の食性を表した歯を見比べることができる。

 飼育研究係員の石坂泰敏さん(29)は「一口にカラストンビと呼んでいるが、よく見るとイカ、タコそれぞれに特徴があるので、見比べてみてほしい」と話している。 (武田寛史)

旅コラム
国内
海外