【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】犬山の寂光院でスロープカー運行へ

【愛知】犬山の寂光院でスロープカー運行へ

ジャンル・エリア : 愛知  2010年06月28日

開通式でスロープカーに試乗する関係者ら=犬山市継鹿尾の寂光院で

開通式でスロープカーに試乗する関係者ら=犬山市継鹿尾の寂光院で

 「尾張のもみじ寺」として知られる犬山市継鹿尾の寂光院で、7月1日から参拝者用のスロープカーが運行される。320段の石段が続く本堂までの上り下りが楽になり、高齢者らに歓迎されそうだ。

 
 スロープカーは全自動呼び出し押しボタン方式(一般のエレベーター仕様)で、定員6人。全長160メートルのレールの上を自走し、境内最上部の駐車場から高低差90メートルの本堂までを4分で結ぶ。途中の不動堂には中間駅がある。

 運行は原則毎日(荒天時などを除く)、午前8時~午後5時。利用できるのは本堂への参拝者で、足腰が弱く石段の昇降に自信がない高齢者ら。総事業費は2800万円。

 27日には安全祈願の法要と開通式があり、清掃ボランティアなどをする同寺の世話人ら関係者がスロープカーに試乗した。

 松平実胤山主は「平成の大修理の落慶法要が10月にあり、『改修した本堂を見たいが石段を上る自信がない』といった声がお年寄りを中心に多く寄せられた。スロープカーの開通で、これまで参拝をちゅうちょしていた方にも気軽にお越しいただけるのでは」と話していた。(問)寂光院=電0568(61)0035 (野末幹雄)

旅コラム
国内
海外