【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】近江八幡の街中がヴォーリズ 20施設で功績を紹介

【滋賀】近江八幡の街中がヴォーリズ 20施設で功績を紹介

ジャンル・エリア : 近畿  2009年10月07日

ヴォーリズの功績を紹介している「ヴォーリズin近江八幡」=近江八幡市為心町の白雲館で

ヴォーリズの功績を紹介している「ヴォーリズin近江八幡」=近江八幡市為心町の白雲館で

 米国出身で近江八幡市に移住した建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880~1964年)の紹介展「ヴォーリズin近江八幡」が、同市為心町の観光案内所「白雲館」など市内中心部計20施設で開かれている。11月3日まで。期間中無休。

 
 市内のボランティアらでつくる実行委員会の主催。総合受付がある白雲館には、ヴォーリズの生涯や功績などを紹介するパネルのほか、机や書など愛用品60点が展示されている。

 その後、ヴォーリズが建築した近江兄弟社学園ハイド記念館や旧八幡郵便局、ヴォーリズ記念館などが館内見学できる。八幡教会や吉田邸など外観のみ見学の建物もある。

 入場券は白雲館で購入でき、各館共通入場料は社会人1000円、大学生800円、高校生以下無料。各館の入館時間は午前9時~午後4時。

 問い合わせは、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ展in近江八幡実行委=電0748(36)6888=へ。

 (桑野隆)

旅コラム
国内
海外