【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】伊賀牛と県産豚で忍者バーガー 名張の精肉店開発

【三重】伊賀牛と県産豚で忍者バーガー 名張の精肉店開発

ジャンル・エリア : 三重  2010年07月06日

伊賀牛と県産豚肉を使ったハンバーグが売りの「伊賀忍者バーガー」=名張市赤目町長坂の忍者の森で

伊賀牛と県産豚肉を使ったハンバーグが売りの「伊賀忍者バーガー」=名張市赤目町長坂の忍者の森で

 野外アトラクション施設「忍者の森」が10日、名張市の赤目四十八滝近くにオープンするのを記念して、同市元町の丸福精肉店が「伊賀忍者バーガー」を作った。 

 
 忍者の森を設けた赤目観光協会が、訪れる観光客に新名物を提供しようと同店に依頼して開発した。伊賀牛と県産豚のひき肉で作った特製ハンバーグにデミグラスソースをからめ、レタス、マヨネーズと一緒にパンではさんだ。

 特に牛肉と豚肉の割合を工夫したという。同店の大谷仁子専務は「牛肉の甘みと豚肉のジューシーさが合わさり、最高の味を表現できた」とPRする。

 同市夏見の丸福精肉店パークシティ店で6月末から販売しているほか、17日から忍者の森の近くにある土産店でその場で焼いて売り出す。1個380円。

 忍者の森は壁登りやゴム手裏剣打ちなどのアトラクションや遊具があり10日に開園、一部の遊具は無料で遊ぶことができる。同観光協会の担当者は「アトラクションで遊んだ後にどうぞ味わって」と呼び掛けている。

 (河北彬光)

旅コラム
国内
海外