【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】「海に親しみ楽しんで」 丹生漁港に釣り桟橋と人工磯

【福井】「海に親しみ楽しんで」 丹生漁港に釣り桟橋と人工磯

ジャンル・エリア : 福井  2010年07月27日

丹生漁港環境広場に完成した釣り桟橋=美浜町丹生で

丹生漁港環境広場に完成した釣り桟橋=美浜町丹生で

 美浜町が同町丹生の丹生湾で整備を進めていた丹生漁港環境広場に釣り場用の桟橋や人工磯などが完成し、供用を始めた。町は「多くの人に海に親しみ、楽しんでもらえれば」と期待している。

 
 広場の整備は1991年に着手。丹生漁港内の南側約6万8000平方メートルを埋め立て、テニスコートや多目的グラウンドなどを整備し、順次供用してきた。

 今回はこれまでとは別の北側に整備し、2005年に着工。長さ約200メートル、幅約6メートルの釣り桟橋と、磯遊びや生き物の観察ができるよう、海岸から約75メートルの海側に、石を海面近くまで積み上げた広さ約400平方メートルの人工磯を整備した。海岸と人工磯は突堤でつないだ。桟橋の東側の浜辺にも砂を入れ、海水浴に利用できるようにした。

 事業費は約5億3000万円で、これで広場の整備事業はすべて終了した。

 広場は南北とも今月から町の指定管理者として、丹生地区の住民らでつくる管理組合が運営。釣り桟橋周辺には丹生漁協が定置網で捕った魚を入れたいけすも設置し、こちらでも釣りができるようにした。桟橋の入場といけすの利用は有料で、人工磯と砂を入れた浜辺は無料。

 町農林水産課の担当者は「施設を生かして町外から観光客を呼び込んだり、地元水産業の発展につなげていきたい」と話している。利用料など問い合わせは管理組合=電0770(39)1900=へ。

 (安福晋一郎)

旅コラム
国内
海外