【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 浜茶屋の岩ガキ 石川県加賀市

浜茶屋の岩ガキ 石川県加賀市

ジャンル・エリア : 石川  2010年07月29日

目の前の海で採れた旬の岩ガキ

目の前の海で採れた旬の岩ガキ

ジューシーで濃厚

 今が旬の岩ガキ。石川県加賀市の黒崎海水浴場の一軒家「浜茶屋・入(いり)のや」では、目の前の海で素潜りで採ってきたばかりのを提供している。ジューシーで身が分厚く、濃厚。2個1200円。生ビールとの相性が最高だ。サザエやアワビも、アカイカ、岩モズクもある。新鮮そのもの。

 同海水浴場は、無料駐車場から茂みの小道を歩く。ハイヒールでは危ない。距離はさほどないが、上り下りが結構つらい。汗びっしょりになる。海岸に下りた所に浜茶屋が、岩壁に張り付くように建てられ、秘境の感がある。高床式の浜茶屋にそよぐ風が心地いい。透明度の高い海を見下ろしながらのんびりできる。

 もう1つ、あまり知られていない場所がある。片山津ゴルフ場近くの「奥谷梨(おくのやなし)園」の防蛾灯(ぼうがとう)だ。同園は丘陵地に囲まれ、広さ約32万平方メートルに約1万5000本のナシの木がある。8月中旬から「加賀梨」として出荷するが、その出荷前の害虫よけとして夜間に黄色い電灯をともす。約2000本あり、幻想的な雰囲気を醸し出している。

幻想的な「奥谷梨園」の防蛾灯

幻想的な「奥谷梨園」の防蛾灯

 浜茶屋も梨園も道が分かりにくい。市観光情報センターに問い合わせを。山代温泉などの加賀温泉郷では9月末までイベントや祭りがある「加賀四湯博」を開催中。同温泉郷などに泊まると、帰りに白山スーパー林道を無料で走れるパス券がもらえる(11月10日まで。往路利用は領収書でキャッシュバック)。ドライブコースに組み入れたい。

 ▼メモ 加賀温泉郷へはJR北陸線加賀温泉駅からバスかタクシー。マイカーは北陸道・加賀ICから。黒崎海水浴場は日本元気劇場方面へ。黒崎町内は道が狭いので注意。入のや=(電)0761(73)1994=の席料大人700円(食事の場合は無料。シャワーあり)。午前9時~午後6時。8月末まで無休の予定。

 加賀市観光情報センター(KAGA旅・まちネット)(電)0761(72)6678、石川県名古屋観光物産案内所(電)052(261)6067
 
(中日新聞夕刊 2010年7月29日掲載)

旅コラム
国内
海外