【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】ミカン狩りにおいで 紀伊長島の観光農園

【三重】ミカン狩りにおいで 紀伊長島の観光農園

ジャンル・エリア : 三重  2009年10月09日

たわわに実った温州ミカン=紀北町紀伊長島区古里で

たわわに実った温州ミカン=紀北町紀伊長島区古里で

 ミカン狩りの季節を迎え、紀北町紀伊長島区古里の観光農園で、たわわに実った温州ミカンが黄色く色づき始めた。

  
 古里地区にはミカンの生産農家が集まっており、うち2軒が観光農園を開いている。「垣内観光農園」の垣内隆さん(84)は、約300本の木を植えた約20アールの畑でミカン狩りをしており、県内外から例年、利用者が詰め掛ける。
 
 垣内さんは台風18号に備え、枝をひもでしばりつけて固定。8日は大半の実が地面に落ちないままで、「ことしは豊作の年。11月になればもっと甘みが出るよ」と話した。

 油絵が40年来の趣味という垣内さん。「ミカン栽培も損得抜きだし、お客さんに少しでも喜んでほしい」と、ことしから農園内にミニギャラリーと銘打った小屋を設置し、約30点の作品を展示している。
 
 ミカン狩りは10日から11月末まで。大人1000円(みやげ2キロ付き)、小学生700円(みやげ1キロ付き)、幼児300円。申し込みは同農園=電0597(49)3138=へ。
 (相馬敬)

旅コラム
国内
海外