【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】食卓には“秋”の気配 浜松でクリが収穫期を迎える

【静岡】食卓には“秋”の気配 浜松でクリが収穫期を迎える

ジャンル・エリア : 静岡  2010年09月07日

いがが割れ、色づきの良いクリが転がる栗園=6日、浜松市西区湖東町で(斉藤直純撮影)

いがが割れ、色づきの良いクリが転がる栗園=6日、浜松市西区湖東町で(斉藤直純撮影)

 厳しい残暑が続く中、浜松市西区湖東町の「湖東栗(くり)園」で、秋の味覚のクリが収穫期を迎えている。

 
 同園は、約9900平方メートルの畑に5品種約200本のクリを栽培。園内では握りこぶしほどの大きさのいがの中から、色づいた実が顔をみせたクリがごろごろと転がっている。

 園主で鉄工業の大津正司さん(88)=同市中区野口町=は「こまめな散水のかいもあり、色づきも甘さも最高の出来です」と笑顔で話していた。

 同園は土、日曜日と祝日限定で開園。台風などの影響がなければ、今月中旬には最盛期を迎え、10月上旬まで楽しめそうだ。

旅コラム
国内
海外