【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】名馬の回想、たてがみで 笠松競馬場にオグリキャップ記念碑

【岐阜】名馬の回想、たてがみで 笠松競馬場にオグリキャップ記念碑

ジャンル・エリア : 岐阜  2010年09月08日

オグリキャップ像の前に設置されたたてがみ展示記念碑=笠松町若葉町の笠松競馬場で

オグリキャップ像の前に設置されたたてがみ展示記念碑=笠松町若葉町の笠松競馬場で

 笠松競馬出身で中央競馬で活躍し、7月3日に死んだ名馬「オグリキャップ号」のたてがみを展示する記念碑の完成セレモニーが7日、笠松町の笠松競馬場であった。

 
 たてがみは、オグリキャップを育てた北海道の繁養会社「優駿」から県地方競馬組合が譲り受けた。

 記念碑は高さ59センチの赤御影石製で、場内にあるオグリキャップ像の前に設置。透明アクリル板の内部にたてがみを収容した。

 同競馬場で集まった915人分の記帳簿と、追悼の言葉358通も記念碑の後ろのボックスに納めた。

 セレモニーでは、同競馬組合管理者の広江正明笠松町長と副管理者の松原秀安岐南町長、元馬主の小栗孝一さんが除幕。

 広江町長は「笠松競馬は厳しい状況だが、この記念碑がここに永遠に残っていくように頑張って発展させていきたい」と話した。

 (井上峻輔)

旅コラム
国内
海外