【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】豊橋鉄道「ビール電車」延長 名古屋のお客さんもどうぞ

【愛知】豊橋鉄道「ビール電車」延長 名古屋のお客さんもどうぞ

ジャンル・エリア : 愛知  2010年09月09日

追加運行される豊橋鉄道のビール電車=豊橋市で

追加運行される豊橋鉄道のビール電車=豊橋市で

 記録的な残暑が続く中、豊橋鉄道(豊橋市)は、夏の風物詩になった市内線(路面電車)の「納涼ビール電車」を9~10月中旬の週末に遠方の団体客向けに追加運行することを決め、予約の受け付けを始めた。

 
 ビール電車は通常だと9月10日で終了するが、酷暑の今季は6月18日の運行開始以来、利用客が4200人に上り、ほぼ全電車が団体貸切か満席状態。あまりの好評ぶりに名古屋市周辺の団体などから「予約がとれない」との声があり、厳しい残暑も追い風に運行延長を決めた。

 追加運行は17日~10月11日の金、土、日曜と祝日(9月23日を除く)で、午後7時半に豊橋駅前を出発し、往復1時間20分の1日1便のみ。生ビール飲み放題で、おつまみ弁当が付く。

 利用は20人以上の団体に限り、専用の貸し切りビール電車運賃と2日間の名鉄フリー乗車券、豊鉄ターミナルホテル(豊橋市駅前大通)1泊をセットで1人9800円で販売する。担当者は「名古屋方面などから足を運んでもらい、ゆっくり豊橋を楽しんでほしい」と話している。

 チケットは名鉄名古屋駅サービスセンターで販売している。(問)同センター=電052(581)4161 (石屋法道)

旅コラム
国内
海外