【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 忍者の森 三重県名張市

忍者の森 三重県名張市

ジャンル・エリア : 三重  2010年09月16日

ロープを補助にして川を渡る「水ぐもの術」

ロープを補助にして川を渡る「水ぐもの術」

修行すれば“忍者”に

 三重県名張市の赤目四十八滝の入り口近くにオープン(7月10日)した体験型忍者修行アトラクション「忍者の森」を訪れた。

 赤目は、伊賀流上忍三家の一つ百地(ももち)丹波(たんば)の本拠地。その昔、忍者が修行に励んだ緑深い渓谷だ。屋外体験場で体験する修行は、手裏剣投げ、水ぐもの術(月末まで)、歩法など7種類。巻物の忍者修了証がもらえる。けが防止のため、地面には杉やヒノキのチップが敷いてあり安心だ。

 三重県四日市市から家族で来た小学3年と6歳の兄弟は「3日前から楽しみにしていた」とやる気満々だったが、坂道や高い壁を登るのに息を切らし、ついて行くのがやっと。指導員に教えてもらいながら修行するに従い「今のもう1回やる」と元気いっぱいとなった。赤目観光協会事務局の増田成樹さんは「実際に忍者が活動していた地で、同じ修行をするリアルテーマパークです。今後は修行内容を充実させたい」。

伊賀牛を使った「伊賀忍者バーガー」

伊賀牛を使った「伊賀忍者バーガー」

 終了後は「伊賀忍者バーガー」(380円)で腹ごしらえ。伊賀牛と三重県産の豚を使ったパテが香ばしく、ボリュームたっぷり。オープンに合わせて、観光協会が地元精肉店と開発した。駐車場近くの赤目観光ハウスと土産物店・食堂「つたや」で販売。

 帰りは、赤目四十八滝(入山料大人300円)でマイナスイオンを浴びてリフレッシュ。滝の周辺には日帰り入浴ができる温泉旅館が数件あり、汗も流せる。

 ▼メモ 忍者の森は近鉄赤目口駅から三重交通バス「赤目滝」下車、徒歩3分。マイカーは名阪国道・上野ICから約45分。駐車場800円。

 忍者修行体験(指導)は午前10時と午後1時の2回、2人以上で予約。3~6歳850円、小・中学生1000円、高校生以上1200円。忍者衣装レンタルは500円。※施設利用のみ(手裏剣投げ・水ぐもの術体験は不可)は無料。無休(電)0595(63)3004=赤目観光協会

(中日新聞夕刊 2010年9月16日掲載)

旅コラム
国内
海外