【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】“復活”江戸村お披露目 25日オープン前に内見会

【石川】“復活”江戸村お披露目 25日オープン前に内見会

ジャンル・エリア : 石川  2010年09月21日

県文化財の旧山川家住宅の室内を見学する人たち

県文化財の旧山川家住宅の室内を見学する人たち

国重文など新たに5棟

 江戸時代の家屋を集めた「金沢湯涌江戸村」が25日、金沢市湯涌荒屋町にオープンするのを前に、地元向けの内見会が20日開かれ、国の重要文化財(重文)などに指定されている貴重な建物を一足早く見ようと、約100人が足を運んだ。(榊原崇仁)

 
 2万平方メートルの敷地内に設けた2区画のうち、「町家・武家ゾーン」には、市内の北国街道沿いにあった町家で国の重文の「旧松下家住宅」、竪町の商家で県文化財の「旧山川家住宅」など5棟を設置。もう一つの「農家ゾーン」には、地元の湯涌地区などにあったかやぶき農家3棟が並んでおり、2006年から先行的に暫定公開が始まっている。

 これらの家屋は1997年に経営難で閉園となった旧江戸村(同市湯涌町)から市が移築した。内見会に訪れた山本勇造さん(57)=同市芝原町=は旧江戸村に勤務した一人。「“復活”を長年待ちわびていたので大変うれしい。近くにある温泉と一緒に、多くの人に楽しんでほしい」と話していた。

北国街道沿いにあった国重要文化財の旧松下家住宅=いずれも金沢市湯涌荒屋町で

北国街道沿いにあった国重要文化財の旧松下家住宅=いずれも金沢市湯涌荒屋町で

 入場料は一般300円、65歳以上200円、高校生以下無料。開園初日は無料で、午前10時から式典を開くほか、記念講演や加賀野菜の種の無料配布、伝統芸能の披露などを予定している。問い合わせは、江戸村=電076(235)1267=へ。

旅コラム
国内
海外