【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】懐かし『ハイカラ横丁』 高岡の商店街 昭和30~40年代再現

【富山】懐かし『ハイカラ横丁』 高岡の商店街 昭和30~40年代再現

ジャンル・エリア : 富山  2010年10月01日

公設市場を再現した一角で買い物を楽しむ人たち=高岡市御旅屋町で

公設市場を再現した一角で買い物を楽しむ人たち=高岡市御旅屋町で

 昭和30~40年代の高岡市の御旅屋通り商店街の雰囲気を再現するイベント「オタヤ通りハイカラ横丁(よこちょう)」が30日、同商店街で始まった。10月11日まで。

 
 市中心市街地活性化センター「わろんが」や地元商店街の店主らが企画し、3回目。

 昭和期の地元の民謡のレコードや蓄音機など約50点を展示しているほか、竹馬をはじめ懐かしい遊びも体験できる。かつて大和高岡店裏にあり、市民の台所として親しまれた公設市場も開設され、初日から新鮮な野菜や総菜を求めて買い物をする人でにぎわった。

 「わろんが」の店主上田久子さん(63)は「懐かしい昭和の空気を楽しんでもらいたい」と話している。

 期間中は着付け体験やチンドン練り歩きなど多彩なイベントがある。水曜休み。公設市場は木、土、日曜のみ。問い合わせは、わろんが=電0766(21)6300=へ。 (佐久間博康)

旅コラム
国内
海外