【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】尾張藩の名宝そろう 徳川美術館で75周年展

【愛知】尾張藩の名宝そろう 徳川美術館で75周年展

ジャンル・エリア : 愛知  2010年10月06日

屏風や武具など名品が並ぶ「尾張徳川家の名宝」展=名古屋市東区の徳川美術館で

屏風や武具など名品が並ぶ「尾張徳川家の名宝」展=名古屋市東区の徳川美術館で

 徳川美術館・蓬左文庫開館75周年を記念した秋季特別展「尾張徳川家の名宝」(中日新聞社共催)が、名古屋市東区の徳川美術館で開かれている。11月7日まで。

 
 徳川家に縁のある約290作品を展示。完本では最古の古今和歌集「元永本古今和歌集」や、全国で初公開される南北朝時代の僧の笑い話を書いた「法師物語絵巻」など、普段は見ることの難しい逸品を紹介している。

 四辻秀紀副館長は「作品がどのような流れで人々の手に渡ったかを考えるのも面白い。本物を自分の目で見て楽しみ方を見つけてほしい」と魅力を話した。

 観覧料は一般1200円、高大生700円、小中学生500円。

旅コラム
国内
海外