【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】ダ・ヴィンチのスケッチなど86点展示 静岡文化芸術大で複製素描画展

【静岡】ダ・ヴィンチのスケッチなど86点展示 静岡文化芸術大で複製素描画展

ジャンル・エリア : 静岡  2010年10月15日

名画のコピー写真と並ぶ、スケッチやデッサン画に見入る中学生ら=浜松市中区の静岡文化芸術大で

名画のコピー写真と並ぶ、スケッチやデッサン画に見入る中学生ら=浜松市中区の静岡文化芸術大で

 イタリアのルネサンス期を代表する芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチのスケッチなど集めた「複製素描画展」が14日、浜松市中区の静岡文化芸術大で始まった。「モナ・リザ」や「聖母子と聖アンナ」などの下絵と思われるデッサン画など86点が並び、来場者の関心を呼んでいる。27日まで。入場無料。 (赤野嘉春)

 
 いずれもレオナルドの生誕500年を記念して国連教育科学文化機関(ユネスコ)が1952年に複製し、東京大学駒場博物館に寄贈された作品。同館特別研究員だった静岡文化芸大国際文化学科の土肥秀行講師(37)が、同大創立10周年記念事業の一環で企画した。

 絵画や建築、科学技術に通じ「万能の天才」といわれたレオナルド。会場の1階西ギャラリーには、著名な名画の素描に加えて、運河や武装馬車、筋肉の盛り上がりを緻密(ちみつ)に描いた人体像も並ぶ。

 土肥講師は「当時のイタリアでは素描画も作品と位置付けられ、数点の素描画の中から完成品が生まれた」と説明。聖母子と聖アンナの素描画は、母アンナと娘マリアの顔の位置が並んでいる。完成品はアンナが上部に描かれていて「序列をつけているのでは。レオナルドは思想や観念を新しくしようと試みたのでは」と土肥講師。

 モデルについて諸説あるモナ・リザも、“本命”ともいわれるイザベッテ・デステの横顔の素描画が並び興味深い。土肥講師は「86作品を一度に公開するのは初めて。レオナルドの才能の一端に触れられます」と来場を呼び掛けている。

旅コラム
国内
海外