【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】「餃子の街」浜松に集結 全国7地域団体が22日にサミット

【静岡】「餃子の街」浜松に集結 全国7地域団体が22日にサミット

ジャンル・エリア : 静岡  2010年10月19日

サミット開催地の浜松餃子はモヤシの付け合わせと円形焼きのスタイルが特徴=浜松市中区で

サミット開催地の浜松餃子はモヤシの付け合わせと円形焼きのスタイルが特徴=浜松市中区で

町おこしに向け共同声明

 ギョーザで日本を元気に-。ご当地ギョーザで町おこしをねらう全国7地域の団体代表が22日、浜松市に集い、初の「全国餃子(ぎょーざ)サミット浜松サミット」を開く。G(ギョーザ)7として、ギョーザ文化振興に向け共同声明も発表する。

 
 出席するのは、すそのギョーザ倶楽部(裾野市)▽宮代町商工会(埼玉県宮代町)▽金沢食文化研究会(金沢市)▽津ぎょうざ協会(津市)▽ふくしま餃子の会(福島市)▽八幡ぎょうざ協議会(北九州市)-の代表者。

 世帯あたりのギョーザへの支出額が年間3336円(2009年総務省家計調査)と全国2位の浜松市の浜松餃子学会(斉藤公誉(きみたか)会長)が開催を呼び掛けた。

 斉藤会長が「先輩格であり、尊敬している」という全国1位の宇都宮市の宇都宮餃子会は、参加を検討したものの不参加を決めた。詳しい理由は連絡されておらず、G7側は「独自路線を歩まれるようだ」(斉藤会長)と残念がっている。

 サミットでは、各地は「浜松餃子国」などと国名を名乗り“首脳”がダークスーツに赤ネクタイ姿で市内のホテルに集結。町おこしにおける相互協力のあり方などを話し合うほか、次回以降“各国”持ち回りでサミットを継続するかも決める。

サミットのロゴ

サミットのロゴ

 サミット翌日の23、24日は、同市中区の中心街・アクト通りで浜松餃子の10店が1位を争う「G1餃王座決定戦」がある。2日間で10店が最大計1万4000パックを販売し、客が1パックにつき1票を投じる。1位には「金のフライパン」(長さ約55センチ、幅28センチ)を贈る。

 「サミットは平和の祭典。競争はなじまない」(斉藤会長)と、G7のご当地ギョーザは味を知ってもらう販売にとどめる。サミットが継続される場合も、序列を決めるイベントはしないことで一致している。

 両日とも午前10時~午後4時。問い合わせは浜松餃子学会=電053(465)5373=へ。

旅コラム
国内
海外