【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】「親鸞展」30日に開幕 寺宝など展示品100点搬入

【福井】「親鸞展」30日に開幕 寺宝など展示品100点搬入

ジャンル・エリア : 福井  2010年10月20日

展示品を慎重に運び入れるスタッフら=福井市の市立郷土歴史博物館で

展示品を慎重に運び入れるスタッフら=福井市の市立郷土歴史博物館で

 浄土真宗の開祖・親鸞の人間像を、全国の寺宝などで紹介する「親鸞展」(中日新聞、日刊県民福井共催)が30日から福井市立郷土歴史博物館で始まるのを前に、貴重な展示品の数々が19日、同博物館に搬入された。

 
 展示品は、親鸞の弟子の名前などを記した巻物「親鸞聖人文侶交名(もんりょきょうみょう)」(茨城県文化財)など、鎌倉時代から現代までの親鸞にまつわる約100点。美術品を専門に扱う業者のスタッフが、梱包(こんぽう)された展示品を博物館の収蔵庫に納めた。

 親鸞展は750回忌に合わせて、4月の東京を皮切りに、東北地方など8会場を巡回している。18日に終わったばかりの新潟県の百貨店から、温度、湿度が管理された専用車両で運ばれた。

 30日は午前9時開館。11月29日まで。一般800円、高校、大学生600円。
 (土屋晴康)

旅コラム
国内
海外