【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】お茶の楽しみ方を多彩に紹介 28日に「世界お茶まつり」が静岡で開幕

【静岡】お茶の楽しみ方を多彩に紹介 28日に「世界お茶まつり」が静岡で開幕

ジャンル・エリア : 静岡  2010年10月25日

世界お茶まつりで披露される中国茶芸

世界お茶まつりで披露される中国茶芸

『国際学術会議』はあすから

 世界のお茶を味わい、学ぶ「世界お茶まつり2010」(中日新聞東海本社後援)が28~31日、静岡市駿河区池田のグランシップで開かれる。

 
 茶にかかわる産業、文化、学術、行政の各分野の代表らでつくる実行委員会が3年ごとに開き、4回目。今回は28カ国・地域から研究者や業者が参加する。

 茶の間の光景が多様化する中、現代の生活に合ったお茶の楽しみ方をさまざまな角度から紹介するのが今回の特徴。九州・沖縄サミットの晩さん会でテーブル装飾を手掛けた食環境プロデューサー木村ふみさんが、茶のテーブルコーディネートを提案する。

木村ふみさんが提案する「正月をイメージしたテーブルコーディネート」

木村ふみさんが提案する「正月をイメージしたテーブルコーディネート」

 ほかにワインボトル入りの静岡茶とイタリア料理を味わう「茶宴」、和洋菓子と静岡茶でくつろぐ「銘茶カフェ」、お茶料理パーティーなどを通じ、お茶を楽しむ空間を紹介する。

 「茶体験ツアー」にも力を入れ、19コースを設け、茶どころ静岡を満喫してもらう。

 同まつりの開催時間は午前10時~午後5時(28日は午前11時半開始)。入場無料だが、一部有料の催しがある。詳細は同まつりのホームページに掲載中。同まつりの学術事業「国際O-CHA学術会議」は26日から開かれる。問い合わせは実行委事務局=電054(202)1488。 (松本利幸)

旅コラム
国内
海外