【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 登呂遺跡 静岡市

登呂遺跡 静岡市

ジャンル・エリア : 静岡  2010年11月11日

体験学習ができる登呂博物館の弥生体験展示室

体験学習ができる登呂博物館の弥生体験展示室

弥生人体験が面白い

 社会科の授業で習った「登呂遺跡」。弥生時代後期の農村集落を伝える遺跡で、竪穴住居や高床式倉庫などが記憶に残っている人も多いだろう。そんな貴重な遺跡が静岡市街にあるのが驚きだ。10月3日、登呂遺跡と一体化する形で「静岡市立登呂博物館」がリニューアルオープンした。

 博物館は遺物の展示だけではなく、体験学習も取り入れた参加体験ミュージアムとなった。総工費は10億円以上。1階は無料スペースで交流ホールや情報コーナーのほか、弥生体験展示室があり、住居や祭殿などを80%に縮小して展示、開放している。利用者は弥生時代の衣服を着て、火おこし、石器造り、機織りなどが無料で体験できる。

 2階は常設・特別展示室で有料。発掘の歴史や田げた、土器の実物も見られる。「ここは考古学の原点。開かれた博物館を目指しイベントもしていきたい」と山本多美子館長。博物館前では今も水田の復元中だ。

丁子屋の丸子定食と揚げとろ、焼きとろなど

丁子屋の丸子定食と揚げとろ、焼きとろなど

 歴史の勉強の後は、もう一つの「とろ」、ヘルシー料理の「とろろ汁」。駿河区の丸子宿にある「丁子(ちょうじ)屋」の名物料理。慶長元年(1596年)創業、現代の主人柴山広行さんは14代目。とろろ汁(自然薯(じねんじょ)100グラム)にごはん、みそ汁、おしんこ、小鉢が付いた丸子定食がおすすめ。「全部食べても512カロリーです。消化もいいですよ」。自然薯を素揚げした揚げとろ、自然薯に牛乳と卵を混ぜて焼き上げた焼きとろも美味。

 ▼メモ 登呂遺跡はJR静岡駅南口からバスで約20分、マイカーは東名・静岡ICから約10分。

 登呂博物館の観覧料は高校生以上のみ300円。午前9時~午後4時30分開館、月曜と祝日の翌日休み。駐車場400円。(電)054(285)0476

 丁子屋の丸子定食1300円、揚げとろ850円、焼きとろ740円。午前11時~午後7時営業、木曜定休、最終週の水曜も休み。(電)054(258)1066

 問い合わせは静岡観光コンベンション協会(電)054(251)5880、静岡県名古屋観光案内所(電)052(262)7471

(中日新聞夕刊 2010年11月11日掲載)

旅コラム
国内
海外