【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 越前がに 福井県敦賀市、越前町

越前がに 福井県敦賀市、越前町

ジャンル・エリア : 福井  2010年11月18日

相木魚問屋の越前がにの釜揚げ風景(資料)

相木魚問屋の越前がにの釜揚げ風景(資料)

釜揚げ風景も公開

 福井県を代表する冬の味「越前がに」(ズワイガニ)漁が6日に解禁された。県水産試験場(敦賀市)によると、今季は昨年の漁を邪魔したエチゼンクラゲが漁場にいないものの、漁獲高は昨年よりやや少ない予想という。

 ブランド名「越前かに」の名付け親という敦賀市の相木(あいき)魚問屋を訪ねた。同店は敦賀水産卸売市場前。取れたての魚介類が店先に並び、越前がにを釜揚げしている風景も見られる。越前がには足に付いている黄色のタグが目印。一般のズワイガニと明確に差別化している高級品。大型は1ぱい1万円を軽く超えるが、大人の拳より小さめなのは5000円で売っていた。カニだけじゃなく、旬の魚も卸価格だ。アオリイカやカワハギ、ハマチなどがトロ箱1箱から買える。

 国道27号バイパスと国道8号が交わる近くには昆布館があり、約200品の昆布製品が買える。いいだしを取って鍋なんていかが。

 越前町では20、21日にアクティブハウス越前駐車場で「越前かにまつり」が開かれる。魚介類の即売、抽選会、セイコガニ汁販売(300円)などのイベントがあるほか、JR敦賀駅からシャトルバス(1000円)も出る。町漁協では10月22日に直営の「海の幸食処・えちぜん」(火曜定休)を越前漁港を臨む地にオープンさせた。越前がにを水槽で確保しており予算に応じて食べさせてくれる。

 ▼メモ 敦賀へはJR名古屋駅から特急利用で約100分。マイカーは名神・一宮ICから北陸道・敦賀ICまで約97キロ。

 越前町へはJR敦賀駅からシャトルバスが12月1日から1日2往復出る(2月28日まで)。ただし、同町で宿泊か食事することが乗車の条件で、宿か昼食する店に予約の電話を入れる。マイカーは敦賀ICから国道8、305号で約1時間。

 敦賀観光協会((電)0770・22・8167)は「かに食べ放題とゆったり入浴プラン」を28日と12月19日、1月9日に実施する。1人8800円。相木魚問屋で釜揚げの見学と買い物、日帰り温泉リラポートに移動しズワイガニの食べ放題と入浴。各日とも午前10時、JR敦賀駅集合。

 相木魚問屋(電)0770(22)0645、昆布館(電)同(24)3070。越前町観光協会(電)0778(37)1234、海の幸食処・えちぜん(電)同(37)1020

(中日新聞夕刊 2010年11月18日掲載)

旅コラム
国内
海外