【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】佐渡島の土で色の妙 人間国宝の伊藤さん展覧会

【三重】佐渡島の土で色の妙 人間国宝の伊藤さん展覧会

ジャンル・エリア : 三重  2010年11月22日

独特の赤い土を焼き上げたつぼ=四日市市の近鉄百貨店四日市店で

独特の赤い土を焼き上げたつぼ=四日市市の近鉄百貨店四日市店で

 佐渡島の独特の土を用いた無名異(むみょうい)焼窯元で、人間国宝の五代伊藤赤水(せきすい)さん(69)の展覧会が、四日市市の近鉄百貨店四日市店で開かれている。24日まで。

 
 無名異は鉄分の多い土。炎を長時間当てると黒くなる特徴を生かした「窯変(ようへん)」や、コバルトなどが入った黒い土を混ぜて柄をつくる「練上(ねりあげ)」などの技術で作られたつぼや皿など約60点が並ぶ。

 いくつものつぼにある花の模様は、色の違う土を練り合わせ、金太郎あめの原理で作られている。パーツを組み合わせているため、裏側にも同じ柄がみえる。伊藤さんは「伝統を受け継ぎながら、新しい技法を生むよう努めてきた」と話した。

 (神谷円香)

旅コラム
国内
海外