【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【滋賀】サックスの魅力存分に 12月4日に大津でコンサート

【滋賀】サックスの魅力存分に 12月4日に大津でコンサート

ジャンル・エリア : 近畿  2010年11月26日

コンサートに出演する大津市在住の陣内さん=大津市浜町のしがぎんホールで

コンサートに出演する大津市在住の陣内さん=大津市浜町のしがぎんホールで

 関西のサックス奏者でつくる「ミ・ベモル・サクソフォンアンサンブル」のトップ奏者4人によるコンサート「魅惑の黄金色 サクソフォン四重奏」(しがぎん経済文化センター主催)が12月4日に大津市浜町のしがぎんホールで開かれる。

 
 ミ・ベモルは1989年に結成され、現在は25人の奏者がソプラノやアルト、テナーなどのサックスでクラシック音楽を中心に国内外でコンサートを開いている。

 今回は、大津市在住でテナーサックスの陣内(じんのうち)亜紀子さん(39)ら、各パートリーダーの4人が参加。サックス四重奏のためのクラシック音楽や日本人作曲家長生淳の「彗星(すいせい)」のほか、映画「サウンドオブミュージック」音楽のジャズ風アレンジやラテン、ポップス楽曲など9曲を演奏する。

 陣内さんは大津市粟津中在学中にサックスを始め、現在は石山高音楽科などで指導しながらミ・ベモルで演奏する。「サックスと言えばジャズをイメージされる方が多いが、四重奏でのクラシックでの迫力ある演奏を楽しんでほしい」とPRしている。

 コンサートは午後3時からを予定したが、チケットが完売したため午後6時半から追加公演することになった。一般3500円、大学生以下2000円、小中学生1000円。問い合わせはしがぎん経済文化センター=電077(526)0005=へ。

旅コラム
国内
海外