【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】「別れ」惜しみつつ初滑り 浅間温泉国際スケートセンター

【長野】「別れ」惜しみつつ初滑り 浅間温泉国際スケートセンター

ジャンル・エリア : 甲信越  2010年11月29日

リンクで何度も転びながらもスケートを楽しむ家族連れ=松本市で

リンクで何度も転びながらもスケートを楽しむ家族連れ=松本市で

 松本市の屋外スケートリンク「市営浅間温泉国際スケートセンター」で28日、今季の営業が始まった。市は施設の老朽化などを理由に今季限りで廃止する方針で、別れを惜しむ大勢のスケーターらが滑りに訪れた。来年2月13日まで。

 
 標高1000メートルほどの寒さを利用して、11月中旬からリンクの整備を開始。深夜に散水を繰り返し、1周400メートルに、厚さ約5センチの氷が張った。

 休日のこの日は多くの家族連れが来場し、最初は尻もちをついていた子どもたちも次第に上達。笑顔でスケートを楽しむ姿があちこちで見られた。

 家族5人で訪れた市内の自営業丸山峰子さん(37)は「子どもたちに屋外で滑る気持ちよさを味わってほしくて連れてきました」と名残惜しそうにリンクを見つめていた。

 入場無料で、貸靴は有料。営業時間は午前9時から午後3時半まで、夜間営業も予定している。問い合わせは同センター=電0263(46)0595=へ。 (今泉慶太)

旅コラム
国内
海外