【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】伏見台商店街製作の「素マップ」 店主の似顔絵に ニヤリ

【石川】伏見台商店街製作の「素マップ」 店主の似顔絵に ニヤリ

ジャンル・エリア : 石川  2010年12月15日

伏見台商店街振興組合が作製し、地域で好評の似顔絵地図「素マップ」=金沢市三馬で

伏見台商店街振興組合が作製し、地域で好評の似顔絵地図「素マップ」=金沢市三馬で

「人柄が見える」と好評
驚く関係者 1万部増刷

 商店街の全店主らの似顔絵を載せた色鉛筆画の地図を、金沢市三馬地区などの店舗が加盟する伏見台商店街振興組合が作製、地元で大人気となっている。当初1万部を印刷したが、予想外の評判を呼んでさらに1万部を増刷する反響ぶり。関係者は驚くやら喜ぶやら-。(泉竜太郎)

 
 「伏見台新聞」創刊号として今月初めに新聞に折り込んで配布した地図は「素顔地図」、略して「素マップ」と題し、商店街の各店舗を描いた地図の周りに57店の店主たちの絵をずらり並べた。

 描いたのは市内に住む色鉛筆画家ミツル・カメリアーノさん。知人の同組合関係者を通じて依頼を受け、街を歩いて温かみを感じる地図を作るとともに、店主の写真をもとに似顔絵を描いた。

 優しい笑顔やすました顔、夫婦ら2人1組の絵などいろいろで、「とんかつ屋婚活中」「キレイになりましょ」(美容室)などの一言コメントも入り、人柄まで伝わってくる。

 同組合は「物や値で売るのではなく、人柄で売る」をモットーにしており、「店主の顔が見える商店街に」と“顔”入り地図作りを企画。当初は顔写真を使う予定だったが、店主らから「リアルすぎていや」などの声もあり、似顔絵に。写真よりも想像力が膨らみ、好評を呼ぶ結果となった。

 地図裏面の新聞では地元の歴史を伝える記事や、昭和30年代から最近にかけての航空写真4枚も掲載し、住民から「地図と一緒に家に張っておきたい」との声も。同組合の井上正行理事長は「見る人の顔がほころぶ地図を目指した。店の顔をアピールしていきたい」と意気込んでいる。

 地図は同商店街の加盟店でも無料配布している。

旅コラム
国内
海外