【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】果実のフォックスフェース 秋色に 浜松・南区で

【静岡】果実のフォックスフェース 秋色に 浜松・南区で

ジャンル・エリア : 静岡  2009年10月14日

 

澄み渡る秋空の下、鮮やかなオレンジ色に輝くフォックスフェース=13日午後1時、浜松市南区三新町で(袴田貴資撮影)

澄み渡る秋空の下、鮮やかなオレンジ色に輝くフォックスフェース=13日午後1時、浜松市南区三新町で(袴田貴資撮影)

 キツネの顔に似た「フォックスフェース」の果実が浜松市南区の畑でオレンジに色づき、澄み渡る秋空の下で鮮やかなコントラストを見せている。

 
 ブラジル原産のナス科の植物。キツネナス、ツノナスとも呼ばれ、生け花や鑑賞用に用いられる。

 南区三新町の榎谷卓二さん(82)は15年ほど前から栽培を始め、今年は150平方メートルの畑に約150本を植えた。9月中旬ごろから実が色付き始め、今月上旬には見ごろとなった。

 榎谷さんは「今年は色合い、形とも良く、上々の出来栄え。実は収穫してから約3カ月ほどは見て楽しめそう」と話していた。

旅コラム
国内
海外