【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】喫茶店73店のモーニング紹介 一宮市内のマップ完成

【愛知】喫茶店73店のモーニング紹介 一宮市内のマップ完成

ジャンル・エリア : 愛知  2009年10月15日

マップと一宮モーニングのキャラクターを手に「もてなしの心を味わって」と語る協議会の森幹昇さん=一宮商工会議所で

マップと一宮モーニングのキャラクターを手に「もてなしの心を味わって」と語る協議会の森幹昇さん=一宮商工会議所で

 「モーニングサービス」の発祥地といわれる一宮市内の喫茶店73店を紹介する「一宮モーニングマップ」が完成した。持ち運びに便利な手帳サイズで各店のモーニングのメニューや価格、地図などを掲載した。5万部を作り、25日に同市役所西分庁舎周辺で開かれる「一宮モーニング博覧会」で無料配布する。

 
 マップは一宮商工会議所などでつくる一宮モーニング協議会が初めて作った。縦20センチ、横10センチで全58ページ。胚芽(はいが)パンを使ったサンドイッチが付く「ケント」(同市牛野通、380円)、おにぎりと茶わん蒸し、赤だしのコースもある「カレン」(同市丹陽町伝法寺、400円)など、自慢のモーニングが一目瞭然(りょうぜん)となっている。

 繊維産業が盛んな一宮市で、繊維業者が早朝の打ち合わせで喫茶店を利用した際、無料でゆで卵とピーナツを付けたのが「一宮モーニング」の始まりといわれる。マップはその歴史から、モーニングを味わう人向けの心得などもあり、遊び心も満載だ。

 73店のうち14店は25日の博覧会会場に出店し、来場者にモーニングを通常料金で提供する。同日から12月13日までは、マップで紹介された店のスタンプラリーもあり、5店でスタンプを集めて応募すると賞品が当たる。

 マップは25日以降も、市役所や一宮商議所、ビジネスホテルで無料配布する予定。同協議会は「マップ片手に各店を巡り、もてなしの心を味わってほしい」と呼び掛けている。(問)一宮モーニング協議会=電0586(72)4611(藤原啓嗣)

旅コラム
国内
海外