【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【静岡】河津町で旬の味・モクズガニ漁盛ん 12月末まで、旅館などで「まつり」

【静岡】河津町で旬の味・モクズガニ漁盛ん 12月末まで、旅館などで「まつり」

ジャンル・エリア : 静岡  2008年10月15日

かごにかかったモクズガニを取り出す杉山さん=河津町で

かごにかかったモクズガニを取り出す杉山さん=河津町で

 河津町の河津川で名物のモクズガニ漁が10月から解禁となり、盛んに行われている。町内の湯ケ野、七滝地区の旅館、民宿計10軒では「ずがにまつり」を12月末まで開き、塩ゆで、カニ汁、カニ鍋などでもてなしている。

 
 モクズガニは秋がもっとも脂がのっていておいしい。漁は、産卵のために河口に下ってくるのを「もじり」といわれる竹製または金網の仕掛けを使って捕る。

 同町湯ケ野の旅館「踊子荘」の主人、杉山公冨さん(72)も、旅館に近いポイントで一晩川底にもじりを沈め、かかったカニはいけすに確保している。脚を広げると、大きいものでは25センチ級も。杉山さんは「年々減少し、一匹も捕れない日もあるが、旬の味を多くの人に提供したい」と話していた。

 問い合わせは町観光協会=電0558(32)0290=へ。 (山谷道尚)

旅コラム
国内
海外