【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】「団塊」の世相楽しもう 長久手のトヨタ博物館で企画展

【愛知】「団塊」の世相楽しもう 長久手のトヨタ博物館で企画展

ジャンル・エリア : 愛知  2008年10月16日

カローラを前に思い出話に花を咲かせる来場者=長久手町のトヨタ博物館で

カローラを前に思い出話に花を咲かせる来場者=長久手町のトヨタ博物館で

 自動車とともに時代を振り返る企画展「団塊世代のブームとクルマ」が15日、長久手町のトヨタ博物館で始まった。来年3月29日まで。

 
 1947(昭和22)年から49年の間に生まれた「団塊世代」が過ごした時代により、3部に分けて構成。10台の自動車のほか、雑誌や洋服などで多彩な角度から当時の世相を楽しめる。

 マイカーブームの象徴、カローラや東京オリンピック(64年)の記念品などを展示する第1部に始まり、第2部では社会現象となった日産シーマや大阪万博(70年)の資料で、消費が活発となった時代を表現。バブル崩壊後の第3部では、アウトドアブームや団塊ジュニア世代の文化を紹介している。

 来館した安城市の山口剛徳さん(41)は「スーパーカーブームのころを懐かしく思い出しました」と話していた。期間中は、イタリア車「ランボルギーニ」の特別展示や学芸員による説明会がある。入館料大人1000円、中高生600円、小学生400円、65歳以上500円。

旅コラム
国内
海外