【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】西ウレ峠が秋の装い 例年より1週間早く

【岐阜】西ウレ峠が秋の装い 例年より1週間早く

ジャンル・エリア : 岐阜  2009年10月20日

紅葉の下で散策を楽しむ観光客ら=高山市清見町で

紅葉の下で散策を楽しむ観光客ら=高山市清見町で

 高山市清見町のせせらぎ街道(県道73号)の西ウレ峠(1、113メートル)周辺で、広葉樹が色づき始め、観光客らが散策やドライブを楽しんでいる。

 
 西ウレ峠は、高山市と郡上市を結ぶせせらぎ街道で最も標高が高い。ひだ清見観光協会によると、10月に入ってから気温が下がり、例年より1週間ほど早くヤマウルシやナラ、トチなどの紅葉が始まった。見ごろは今月下旬まで。同街道沿いは11月にかけて順次、紅葉の盛りを迎える。

 西ウレ峠付近では18日、早速紅葉を楽しむ人も。毎年訪れているという愛知県西尾市の会社役員牧一男さん(59)は「愛知県だとこれだけきれいな紅葉はなかなか見られない」とカメラのシャッターをしきりに切っていた。

 (白山泉)

旅コラム
国内
海外