【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】北杜夫さん、自作の標本と再会 松本の昆虫展訪れる

【長野】北杜夫さん、自作の標本と再会 松本の昆虫展訪れる

ジャンル・エリア : 甲信越  2008年10月20日

標本との再会を喜ぶ北杜夫さん(手前)=松本市の山と自然博物館で

標本との再会を喜ぶ北杜夫さん(手前)=松本市の山と自然博物館で

 旧制松本高校出身の作家北杜夫さんが19日、松本市の山と自然博物館で開催中の「どくとるマンボウ昆虫展」の会場を訪れた。

 
 同展は、北さんの小説の世界を再現しようと、栃木県職員の新部公亮さんが昆虫愛好家の協力を得て企画。北さん自身が収集したり、著書に登場したりした昆虫を含めて計600種の標本をそろえた。

 北さんの標本は多くが松高生時代の1945、46年にとったもの。知人に譲っていたため、自作の標本との対面は久しぶりで、北さんは「食糧難の時代によく集めたものだ。マニアだったんだなあ」と驚いていた。

 北さんが昆虫採集の思い出を語る場面もあり、来場者約70人が聞き入った。展示は11月16日まで。月曜日休館(11月3日は開館し、4日は休館)。入場料は、高校生以上300円、中学生以下無料。

 (福岡範行)

旅コラム
国内
海外