【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】冬の使者 奥能登に 岩場染める 波の花

【石川】冬の使者 奥能登に 岩場染める 波の花

ジャンル・エリア : 石川  2009年10月21日

奥能登に冬の訪れを告げる今シーズン初の「波の花」の出現=輪島市の曽々木海岸で

奥能登に冬の訪れを告げる今シーズン初の「波の花」の出現=輪島市の曽々木海岸で

曽々木海岸 今季初

 発達中の低気圧が日本海北部にあり、風の強い一日となった二十日早朝、輪島市町野町の曽々木海岸に「波の花」が今シーズン初めて出現し、奥能登に冬の足音が聞こえ始めた。

 
 早朝から強風と荒波の影響で、海岸の窓岩付近で、純白の綿状の波の花が空中に舞い、白いじゅうたんを敷き詰めたように、岩場を覆った。

 波の花は、海中のプランクトンの粘液が荒波にもまれて泡状になる現象で、十一月中旬から二月下旬の冷たい季節風が吹き荒れる日が見ごろ。この日は、近くに住む地元の人も見物に訪れ、手ですくって、感触を確かめていた。

 輪島測候所によると、この日は午前五時五十六分、西南西の風で、最大瞬間風速十四.六メートルを記録した。

  (石本光)

旅コラム
国内
海外