【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】体験しよう 田舎暮らし 射水・南部地区に新施設

【富山】体験しよう 田舎暮らし 射水・南部地区に新施設

ジャンル・エリア : 富山  2008年10月21日

施設オープンで看板をかける中村理事長(左)と分家静男市長=射水市青井谷で

施設オープンで看板をかける中村理事長(左)と分家静男市長=射水市青井谷で

市交流促進事業 今度は里山売り込み

 
 都市生活者に空き家を開放して田舎暮らしを体験してもらう射水市移住交流促進事業で、新たな体験施設「たてがみ」が二十日、同市青井谷に開設された。 (佐久間博康)

 
 この事業は二〇〇七年五月に海沿いの新湊地区の空き家三軒を体験施設として始めた。好評なことから、今度は豊かな里山を売り込みたいと、市が南部地区に体験施設を設けた。

 「たてがみ」は築約四十年の木造二階建て約三百平方メートル。六畳と八畳の和室が計五部屋あり、寝具や調理器具、冷暖房など完備。一人一泊千円で利用できる。市の委託を受けた特定非営利活動法人(NPO法人)「こすぎ総合スポーツクラブきらり」(同市黒河)が運営に当たる。

 この日は分家静男市長らも出席して内覧会があり、同NPO法人の中村幹夫理事長(70)は「来て良かったと思ってもらえるよう頑張りたい。口コミで利用が増えれば」と話していた。市観光・ブランド課は〇九年三月までに百二十泊程度の利用を見込んでいる。問い合わせは「こすぎ総合スポーツクラブきらり」=電話0766(56)6562=へ。

旅コラム
国内
海外