【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】白山登山道の「川上御前」 好天 紅葉誘う

【石川】白山登山道の「川上御前」 好天 紅葉誘う

ジャンル・エリア : 石川  2009年10月23日

紅葉に囲まれた「川上御前」のほこら=白山市白峰で

紅葉に囲まれた「川上御前」のほこら=白山市白峰で

ひそかな人気スポット

 白山登山道の一つ「越前禅定道」の途中にあるほこら「川上御前」が、景観スポットとしてひそかな人気だ。好天に恵まれた二十二日、ほこらまでの道中では、鮮やかに色付いた紅葉や冠雪が溶けた白山が鮮やかに見えた。

 
 川上御前は八世紀に白山を開山した泰澄大師が白山下山の際、山中で初めて顕現した女神「白山妙理大菩薩(ぼさつ)」の像を彫り、まつったのが始まりとされる。

 一九八五(昭和六十)年、白山市白峰地域にかつてあった三ツ谷集落出身の林茂さん(81)=金沢市窪三=がほこら跡を見つけ九一年、同集落出身の有志とほこらを建てた。

 ほとんど未舗装の林道を車で数キロ進み、せせらぎの音を聞きながら約十五分ほど山道を歩くとほこらにたどり着き、日差しに透ける紅葉が神秘的な雰囲気を醸し出していた。

 (松本芳孝)

旅コラム
国内
海外