【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【三重】車いすでも来店しやすく 伊勢・おかげ横丁「とうふや」が新装開店

【三重】車いすでも来店しやすく 伊勢・おかげ横丁「とうふや」が新装開店

ジャンル・エリア : 三重  2008年10月24日

中日教育賞の受賞を喜ぶ尾鷲市立三木小の野間秀治校長=名古屋市中区の中日パレスで

中日教育賞の受賞を喜ぶ尾鷲市立三木小の野間秀治校長=名古屋市中区の中日パレスで

 伊勢市の伊勢神宮内宮に近い五十鈴川沿いにある豆腐と穴子の創作料理店「とうふや」が、お年寄りや車いすの来店客に配慮した改装を終え、25日に新装開店する。

 
 同店は、おかげ横丁の店舗として2001年に開業した木造2階建ての田舎風建築。自家製豆腐や天然穴子など健康的なメニューがお年寄りの団体客にも人気といい、これまで座敷のみの席だったが、20畳を車いすに対応した約35人分のテーブル席に改装。上り坂の入り口にも手すりを設けた。

 みそ味の豆腐をご飯に乗せた「田楽重」(1500円)と「煮あなご丼」(1200円)も新発売。25、26日午後5時から愛宕念仏寺(京都市)住職でシンセサイザー奏者、西村公栄さんの記念演奏がある。問い合わせは、同店=電0596(28)1028=へ。

(久下悠一郎)

旅コラム
国内
海外