【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【富山】“幻の滝” 看板完成 氷見・二所が滝

【富山】“幻の滝” 看板完成 氷見・二所が滝

ジャンル・エリア : 富山  2008年10月24日

周囲には木々が生い茂るなど幻想的な「二所が滝」=氷見市長坂で

周囲には木々が生い茂るなど幻想的な「二所が滝」=氷見市長坂で

 本格的な秋の紅葉シーズンを控え、氷見市長坂の「二所(にしゃ)が滝」に遊歩道と看板が完成し、新たな観光スポットとして注目されている。

 
 この滝は市北部を流れる下田川上流にあり、落差は約15メートル。下流に「とやまの滝37選」の一つ「長寿が滝」、支流にはこけむした2枚の大岩の間を落ちる「青滝」がある。

 二所が滝は山菜採りをする地元住民しか知らない幻の滝だったが、県の林道「氷北線」が2007年度、滝の下流約300メートルの地点に開通。滝まで歩いて約30分だったのが、3分ほどに短縮された。

林道沿いの二所が滝入り口に設置された看板

林道沿いの二所が滝入り口に設置された看板

 これを受け、長坂地区出身の市議村田正示さんが9月に市や地元の協力も受け、人力で川沿いの岩や石、クルミの木の倒木などを取り除き、平らな遊歩道を整備。10月に市が「二所が滝」と「青滝」を示す木製看板を林道沿いに設置した。

 村田さんは「知る人ぞ知る幻想的な滝。秋のドライブにもいい」とPRする。

 場所は、同市大窪の「石動山道」から砂利道を約200メートル進み、林道と交差する丁字路を右折。約500メートル直進すると「二所が滝」、さらに500メートル進むと「青滝」の看板が左手にある。市商工観光課は「出掛ける際は足元とクマに気を付けて」と呼び掛けている。(美細津仁志)

旅コラム
国内
海外