【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】有島武郎の生涯たどる特別展 軽井沢高原文庫で

【長野】有島武郎の生涯たどる特別展 軽井沢高原文庫で

ジャンル・エリア : 甲信越  2008年10月28日

軽井沢高原文庫で開かれている「有島武郎と軽井沢展」

軽井沢高原文庫で開かれている「有島武郎と軽井沢展」

 大正期を代表する小説家有島武郎と軽井沢の関係を回顧する特別展「有島武郎と軽井沢展」が、軽井沢町塩沢湖の軽井沢高原文庫で開かれている。11月3日まで。

 
 有島は妻と父を亡くした1916年以降、「カインの末裔(まつえい)」や「或(あ)る女」などの作品を次々と発表した。だが、23年、軽井沢町の別荘「浄月庵」で愛人と心中した。

 特別展では、有島が避暑で軽井沢を訪れた際に執筆した「信濃日記」など著書のほか、心中事件を報じる当時の新聞、書簡など、約80点を展示し、有島の45年の生涯を紹介している。

 同文庫は「生誕130年の今、この地で亡くなった有島の文学をあらためて見つめ直してほしい」と来場を呼び掛けている。

 入館料は高校生以上700円、小中学生300円。問い合わせは同文庫=電0267(45)1175=へ。

 (戸川祐馬)

旅コラム
国内
海外