【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】名鉄7100系、11月限りでお別れ 撮影会や記念系統板の掲出も

【愛知】名鉄7100系、11月限りでお別れ 撮影会や記念系統板の掲出も

ジャンル・エリア : 愛知  2009年10月28日

11月27日に定期運行から外れ、引退する名鉄の7100系車両

11月27日に定期運行から外れ、引退する名鉄の7100系車両

 名鉄は27日、8月末に完全引退した7000系パノラマカーの中間部分の車両に運転台を設置した7100系車両の引退を発表した。11月1日から定期運行の最終日となる27日まで「おつかれさま 7100系」と書いた記念系統板を掲げて走る。

 
 パノラマカーの編成変更時に余った2両を利用し、1984(昭和59)年に登場。当初は4両編成で運行されたが、87年に2両編成になり、現在は、1本だけが三河線を中心にワンマンカーで運用されている。パノラマカーとして製造された最後の車両となる。さよなら運転は11月29日午後2時41分から実施。7100系の2両と7700系の2両を連結した4両編成で、名古屋本線の豊明駅(愛知県豊明市)を出発。伊奈駅(小坂井町)で折り返し、本宿駅(岡崎市)までの計56・8キロを走る。

 豊明駅では、参加者200人限定の撮影会が開かれるほか、記念乗車券を11月1日から、7100系にちなみ、1枚710円で限定2000枚、発売する。

 (問)名鉄お客さまセンター=電052(582)5151

旅コラム
国内
海外