【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】北海道の魚20種展示 あすから碧南海浜水族館

【愛知】北海道の魚20種展示 あすから碧南海浜水族館

ジャンル・エリア : 愛知  2008年10月31日

強靱な牙を持つオオカミウオ=碧南市の碧南海浜水族館で

強靱な牙を持つオオカミウオ=碧南市の碧南海浜水族館で

 碧南市浜町の碧南海浜水族館で、11月1日から30日にかけミニ企画展「北海道のおさかなフェア」が開かれる。

 
 職員自らが片道1500キロを陸送してきた北国の魚介類約20種類を展示。11月下旬には輸送に使う専用車も公開し、水族館の仕事の一端も知ってもらう。

 強靱(きょうじん)な牙を持つオオカミウオや姿がユニークなケムシカジカなどを集めた「ルックス自慢」、ホッケやタラバガニ、ヤドカリなどを入れた「食卓に上がる魚介類」など5種類の水槽を準備した。

 これらは、小規模水族館での所有は珍しい専用車で往復27時間かけて運んできた。1トン水槽が2つ積める4トン車で、魚の状態を良好に保てるよう温度管理や酸素の送り込み、水をろ過するフィルター機能などを備えており、輸送の様子を伝える写真とともに公開する予定。

 入場料は大人520円、4歳以上15歳未満210円。期間中の休館日は4、10、17、25日。

  (坂口千夏)

旅コラム
国内
海外